金と葛藤!援助交際する女達に潜む裏の顔は「理由とこじつけ」

テレクラ究極まとめ - 無料お試しツーショットダイヤルも長時間!

MENU

援助交際に手を出す理由は「こじつけ」である事が多い

彼氏と別れて寂しい、会社で孤立してしまって寂しい、旦那が見向きもせず寂しい。

 

女性には男性と比べて様々な「寂しい」があります。そもそも女性の方が男性に比べて寂しさを感じる事が多く、常に他者を必要とするものです。

 

割り切りや援助交際をする人の中には確実に「寂しくて抱かれたい人達」が含まれています。

 

助交際に潜む裏の顔

 

その子達はお金を稼ごうという気は無かったりするんですよね。では、一体どうしてお金を求めるのでしょうか?

 

現在では未だに女性が誰彼構わず夜を共にするには大きな抵抗があります。

 

それは「ビッチ」「ヤリマン」「アバズレ」等の否定的な言葉があり、自分はそうではないと思いたいが為に抵抗があるだけなのを知っていますか?

 

そういった常識さえ無ければ、女性は今よりもっとオープンな性生活を送れるのですが、自分がビッチではないと思いたい為に気軽に男性とエッチは出来ないわけです。

 

それが援助交際ならどうでしょう?

 

お金が絡む以上、「私はお金の為に仕方がなくやっている」という言い訳をすることが出来るのです。誰に言い訳をするかですか?それは自分にです。

 

自分はお高い人間だと、相手の男は金を払って私を抱いていると、お金のやり取りを絡める事でで自分には価値があると言い訳をしているのですね。

 

では、そういった子とタダマンするにはどうするか?

 

彼女達に価値が有ることを言葉や態度で示してあげることです。それには多少に時間を必要とします。

 

「アナタとおしゃべりが出来て楽しい。こんな人に出会ったことが無いよ。」
「肌もキレイ。触り心地が最高だよ。」
「今日はアナタと出会えてラッキーだった。飲みに行くだけでもいいからまた会ってもらえないかな?」

 

場面に合わせて相手の自尊心をくすぐるような言葉を自然に掛けてみるのが大事です。相手が完全なプロの女じゃなければ、心は確実に動きます。

 

そしてそれを続けていくと、今度は女性が金を貰うことをむしろ邪魔であると感じてきます。何故なら、お金のやり取りをするという事実が「二人が親密な関係である事」を否定するからですね。

 

多くのケースはこうして援助交際からタダマンになるのです。

 

相手の自尊心を刺激すること、これは紳士の当然の嗜みですから、是非覚えておいて下さい。


PAGE TOP